脂肪吸引をする場合の特徴

脂肪吸引はどのような施術内容になるか

具体的な脂肪吸引の内容を理解しておこう

痛みがほとんど伴わない施術方法を行う

脂肪吸引をする場合には、痛みが伴うのではないかと考える人もいますが、実際にはそのような事はありません。なぜなら、事前に麻酔を行うからです。一昔前ならば、脂肪吸引するための管が太くて麻酔をしても痛いと感じる人はいたようです。しかしながら最近は、脂肪を吸引するための管は非常に細く2ミリ程度しかありません。実際には様々な管のサイズがあり、部分によって使い分けをしています。習字の時に筆のサイズなどを変えるのと同じように、医者もそれぞれの場面に応じた管を使い分けていると言えるでしょう。例えば、お腹周りの脂肪の吸引をする場合には、比較的太い管でも問題ありません。ただ太いといっても、昔利用されていたようなサイズではありませんが、現代の医療の中では比較的太いものと言えるでしょう。このようなものを利用する場合には、大量に短時間に脂肪吸引する必要がある場合です。お腹の部分は体脂肪が溜まりやすい部分になりますので、太い管を使っても何ら問題はないでしょう。

脂肪吸引する場面でも、表面に近い部分は可能な限り細い管を使う必要があるでしょう。何故かと言えば、細い方が微調整が利くからです。表面の部分は、外から見てもわかりやすいようにあまり太い下で行ってしまうと体の表面に凹凸ができてしまいます。そうすると、せっかく美容目的のために脂肪を吸引したのに半分意味がなくなってしまう可能性があります。そこで、2ミリ程度の細いものを利用して、丁寧に吸引していくのが特徴です。結果的に、大きく見た目を変え美しくなることが可能になるでしょう。

どれぐらいの時間がかかるのかを知っておこう

これから脂肪吸引をする場合には、どれぐらいの時間がかかるか知っておく必要があります。実はこれには明快な答えはありません。何故かと言えば、使っている機会によっても異なるだけでなく、どの部分を吸引するかによっても異なるからです。それだけでなく、患者が太っている人なのかそれともそこまで太っていない人なのかによって時間が異なります。体重が多ければ多いほど時間がかかると考えて間違いありません。とは言え、体重が重いからといって何時間でもかかるとは言えません。なぜなら、体脂肪を落とす場合でもあまり長時間行ってしまうと副作用が生じる可能性があるからです。そこで副作用を避けるためには、最高でも4時間程度に抑えておかなければいけません。それ以上長く脂肪の吸引を行うと、何らかの問題が生じる可能性があるでしょう。

人気記事ランキング